液体窒素 利用案内
初めて供給を受けるとき
  1. 液体ヘリウム・液体窒素使用内規利用の手引(寒剤編) をご確認ください。
  2. 供給できる容器は内容積10L以上120L以下、かつガラス製以外の容器です。研究室で該当する容器をご購入ください。
  3. 研究室(または実験室)最寄りの集配場所を確認してください。
    • トラックで集配場所から液体窒素容器を回収、配達します。
    • 容器1本につき集配場所を1か所だけ登録できます。
  4. 【液体窒素使用研究室申請書】を提出してください。
    • 使用責任者と容器連絡担当者は本学教職員としてください。
    • メール、または学内便でご提出ください。
      メール提出の場合、液体窒素使用責任者をメールのCcに含めてください。
      電子捺印済のpdfファイル、または、捺印済み申請書(紙面)をスキャンしたファイルを本学のファイル転送サービスまたはメールに添付して提出してください。(紙面の原本は研究室で適切に保管してください。)
  5. 使用料金の支払いは、運営費交付金、受託研究費、寄附金等の部局間振替です。研究室の所属と会計管理部局が異なるときは事前にメールで液化供給部門へご相談ください。
  6. 低温科学研究センターで申請書の内容確認後、【液体窒素容器登録証シール】および【行先シール】を学内便で送付します。容器の視認しやすい位置にシールを貼ってください。
  7. 毎回の供給方法は後述の「供給方法」をご覧ください。
  8. 自加圧式容器(頂上部のバルブで加圧して汲出せるタイプ)は容器再検査が義務付けられています。未受検の容器には供給しません。詳細はこちらをご覧ください。
供給方法
  1. 研究室で所有する液体窒素容器(空容器)を当日 8時までに集配場所へ搬出してください。
    原則として事前の供給申込は不要です。
    一部の集配場所(不定期コース)は事前申し込みが必要です。
  2. 低温科学研究センターがトラックで各集配場所を周り、空容器を回収します。
    ・低温科学研究センターで回収した容器に液体窒素を充填します。
  3. トラックで集配場所に充填容器を配達します。
    配達は 平日 月曜日〜金曜日 9時00分〜12時00分 に行います。
    (但し祝祭休日及び低温科学研究センター指定日を除く)
    ・配達時間は集配場所や当日の配達容器本数により前後することがあります。
  4. 充填容器を実験室に引き取ります。
[ このページのトップへ ] 

集配場所
 ※建物・道路工事等で、集配場所が変更になる場合があります。


A.定期コース(事前申込不要の集配場所)
B.不定期コース(事前申込を必要とする集配場所)
  ※直前の平日16:30までにメールでお申し込みください。【宛先、書式はこちら】
[ このページのトップへ ]