液体ヘリウム 利用案内
お知らせ
携帯型ヘリウムリークディテクターをユーザへ貸し出しています。
研究室内のヘリウム漏れを退治して、研究費と資源の節約に努めましょう。

貸出物品の詳細はこちらをご覧ください。

お問い合わせ:液化供給部門  teion-info[at]crc.u-tokyo.ac.jp
初めて供給を受けるとき
  1. はじめに液体ヘリウム・液体窒素使用内規利用の手引(寒剤編) をご確認いただき、必要事項をまとめて低温科学研究センター 液化供給部門にメールでお問い合わせください。
    センターでは蒸発したヘリウムを回収し、液化して供給しています。供給を受けるにあたり、蒸発ヘリウムガスを回収するための設備(回収配管・流量計・純度計など)を研究室側で準備する必要があります。
  2. 液体ヘリウム容器はトラックで配達、回収されます。研究室(または実験室)最寄りの集配場所を確認してください。
  3. 【液体ヘリウム使用研究室申請書】を提出してください。
    • 使用責任者とデータ報告担当者は本学教職員としてください。
    • 実験室内のフロー図(装置から室内回収配管元バルブまでの接続図)を添付してください。
    • メール、または学内便でご提出ください。
      メール提出の場合、液体ヘリウム使用責任者をメールのCcに含めてください。
      電子捺印済のpdfファイル、または、捺印済み申請書(紙面)をスキャンしたファイルを本学のファイル転送サービスまたはメールに添付して提出してください。(紙面の原本は研究室で適切に保管してください。)
  4. 低温科学研究センターで申請書の内容を確認後、供給申込と使用料金支払経費登録申請についてメールでご案内します。
    【液体ヘリウム使用料金支払経費登録申請書】を各部局の会計担当へ提出してください。
    • 申請書は低温科学研究センター事務室(内線22858)までお問い合わせください。(使用料金の支払いは、運営費交付金、受託研究費、寄附金等の部局間振替、科学研究費補助金等による支払いが認められています。)
  5. 回収配管を使い始めたときの流量計の初期値、装置内液量、使用開始日を記録して、メールで液化供給部門までご連絡ください。
    (その後も毎月、月初めの定められた日にヘリウムデータをご報告いただきます。)
  6. 毎回の供給方法は後述の「供給方法」をご覧ください。
    なお、液体ヘリウムは共用容器(低温科学研究センター所有、容量100Lまたは60L)で供給されます。
    研究室で所有している容器で供給を受けたい場合は事前に液体ヘリウム(専用容器)の登録申請が必要です。
  1. 液体ヘリウム供給申込システムより供給申込をしてください(学内のみ)。
    使い方は利用の手引(寒剤編)をご覧ください。
  2. トラックで集配場所に液体ヘリウム充填容器を配達します。
    配達は 平日 月曜日〜金曜日 15時00分〜16時00分 に行います。
    (但し祝祭休日及び低温科学研究センター指定日を除く)
    ・配達時間は集配場所や当日の配達容器本数により前後することがあります。
    ・供給申込の締切は【 土日祝・供給休止日を除いた2日前13時まで 】です。
  3. 充填容器を実験室に引き取り、回収ラインに繋ぎます。
  4. 容器の使用を終えたら、当日14:30までに内線22853へ下記の内容を連絡します。
    • 部局、研究室
    • 容器容量と本数
    • 集配場所
  5. 空容器(使用済容器)を15:00までに集配場所へ搬出します。
  6. トラックが集配場所で空容器を回収します。

[ このページのトップへ ] 
集配場所